入院中にネットを利用するならWiFiのレンタルがおすすめです。

【すぐ借りれる】入院中にWIFIを利用するならレンタルがおすすめ

入院中にインターネット(WIFI)を利用したい

病院のベッド
今は入院生活ででもインターネット利用が必須と言えます。
入院中にインターネットが使えれば、お仕事や暇つぶしができます。
そこで、入院中にご利用可能なインターネットの情報をお届けします。

 

病院でポケットWIFIルーターは使えるのか

病院内でポケットWIFIルーターを使いたいという話を最近よく聞きます。
ポケットWIFIルーターは携帯電話やスマホと同じで電波を発信したり受信する機器なので、基本的に携帯電話が使用禁止の病院内では使用することができません。
ただ、病院によっては病室では使用可能だったり、一部の場所では利用できるといったところもあるようです。
ですから、ポケットWIFIルーターを病院で入院中に利用する場合には、事前に病院へ使用可能かどうかの確認をした方が良いですね。
利用可能な病院では、ポケットWIFIルーターをレンタルして入院中にご利用されている方が増えています。

ポケットWIFIルーターをレンタルするとできること

ポケットWIFIルーターをレンタルすると、パソコンやタブレットが使えるようになります。
また、スマートフォンもポケットWIFIルーターに接続できますので、通信速度制限を気にせず動画を視聴したりすることができます。
入院中は時間潰しに動画を見たいという方も多いので、そういった場合にはポケットWIFIルーターのご利用がおすすめです。
タブレット

入院中のご利用での注意点

入院先でポケットWIFIルーターをレンタルして利用する際に、いくつか注意すべき点があります。

通信量

入院していると時間を持て余していますので、インターネットを利用する時間が自然と多くなります。
ネットサーフィンや動画視聴などされると思いますが、特に動画を見る場合は消費するデータ容量がどうしても多くなってしまいます。
そうすると、ポケットWIFIルーターでも通信速度制限にかかってしまう場合があるのです。
レンタルのポケットWIFIルーターは、利用する端末やプランによって月間データ量の使用量に制限の設定されているものがあります。
ですから、入院中にポケットWIFIルーターをレンタルする際には、できるだけ通信量が無制限になっている端末やプランのご利用をお勧めします。
通信量

電波感度

ポケットWIFIルーターはWiMAXやドコモ、ソフトバンクなどいろいろな回線を利用したものがあります。
レンタルをする場合にはまず入院する病院が電波のエリア内かどうかの確認をする必要があります。
また、エリア内だったとしても建物の構造によっては電波感度が悪い場合もあります。
病院の建物は自宅と比べると頑丈に作られていることもあり、WiMAXの電波が入りにくいことがありますので、実際に使用する際には端末をできるだけ窓際に置くか、WiMAX以外の端末の利用がおすすめです。
ただし、WiMAXは月間データ量無制限となっている為、電波が問題なく利用できる場合はおすすめの端末でもあります。

入院中にオススメのポケットWIFIルーター

ポケットWIFIルーターをレンタルする時に、端末やプランを選ぶことになりますが、そのポイントの一つが電波感度や使用できるデータ量です。
そこで、各回線の特徴をまとめてみます。

WiMAX

月間データ量無制限
屋内では電波が届きにくい場合がある

ソフトバンク/ドコモ

データ量に制限のあるものが多い
屋内でも電波が繋がりやすい

入院利用でおすすめのレンタルサービス




Wi-Fiレンタルどっとこむは、データ量無制限の端末をレンタルできるサービスです。
機種やプランもたくさんあるので、利用シーンや予算に合わせて選ぶことができます。
また、Wi-Fiレンタルどっとこむを運営している株式会社ビジョンは国内だけではなく
海外向けのWiFiレンタルサービスも運営しており、業界最大手のサービスとなっています。


wifiレンタルドットコム

 

データの目安

ポケットWIFIルーターをレンタルする際の目安となるデータ量をご覧ください。
 
使用 使用データ量 10GB
超高画質動画 113MB 約7時間
高画質動画 60MB 約13時間
標準画質 17.5MB 約47時間
低画質 10MB 約83時間


上記はあくまで目安ですが、動画視聴は特にデータ量の消費が多いので、使用できるデータ量の少ないポケットWIFIルーターだと通信制限になる恐れがあります。

ポケットWIFIルーターがあれば入院生活も快適に

通信制限を気にせず動画視聴

スマホでYouTubeを見すぎて通信制限にかかった経験のある方も多いと思います。
でも、ポケットWIFIルーターがあればスマホの通信量は使いませんし、無制限のポケットWIFIルーターなら通信量を気にせず動画を楽しむことができます。

WIFIを複数人で共有できる

ポケットWIFIルーターは同時に複数の機器を接続することができます。
入院した部屋に他の入院患者さんがいた場合に、「Wi-Fiを貸してあげる」なんていうコミュニケーションをとることも可能になるのがポケットWIFIルーターです。

※機種によりことなりますがたいていのポケットWIFIルーターは同時に10台程度接続できます。

テレビ視聴が可能な端末も

ポケットWIFIルーターの中には、ワンセグやフルセグが利用できる端末もあります。
こうした端末をレンタルすれば、スマホやタブレットなどでテレビ視聴が可能になります。
どうしても見たいテレビ番組や、深夜番組なんかも周囲の目を気にせず視聴できますね。

無制限の高速回線なら快適

最新のポケットWIFIルーターは通信速度もどんどんよくなってきています。
電波感度さえ悪くなければ自宅の光回線と比べても遜色ないくらい快適にインターネットが利用できます。

届いたらすぐに高速通信が使える

ポケットWIFIルーターは難しい設定など必要ありません。
ポケットWIFIルーターのレンタルを申し込んで配送されてきたら、端末に電源を入れてすぐにWiFi接続が可能です。

WEBで簡単申し込み、返送はレターパック

ポケットWIFIルーターはレンタルの場合、難しい事は必要なく、WEBから日付や機種を選んで申し込むだけです。
決済は基本的にクレジットカードとなっていて、平日の夕方までに申し込みを済ませれば、当日発送してくれるところが多くなっています。
配送物には返却時に利用するレターパックも同封されており、その中にレンタル一式を入れてポストに投函するだけで返却が完了します。

従来のポケットWIFIルーターは2年から3年程度の長期契約が必要で、初期費用や事務手数料、そして契約期間内の解約は違約金などいろいろなお金が発生しましたが、レンタルの場合はレンタル料金のみで必要な期間だけ利用でき、とてもコスパが良くなっています。

入院先の病院での受け取りも可能

入院前にポケットWIFIルーターをレンタルして病院へ持ち込むことはもちろんですが、入院中に必要と感じて申し込んだ場合には、病院へ直接配送してもらうこともできます。
病室まで届けてもらえるか、病院の窓口までかは病院によると思いますので確認の上申し込みをしましょう。

延長やキャンセルについて

例えば、ポケットWIFIルーターのレンタルを申し込んで端末が届いたけど、実はその病院はポケットWIFIルーターが禁止だったという場合、商品の発送後となるのでキャンセルなどは基本的に受け付けてもらえません。
お金が無駄になってしまうのであらかじめ病院への確認は必ず行っておきましょう。

まとめ

入院中にポケットWIFIルーターがあれば、持て余す時間を有意義に過ごすことができます。
スマホだけでも通信はできますが、たくさん使いすぎて通信制限にかかってしまったら困りますよね。
ポケットWIFIルーターのレンタルサービスは、必要な期間のレンタル料金のみでポケットWIFIルーターを借りられます。
WEBからの簡単申し込みで返却もポストへ投函するだけなので手間もかかりません。
ちなみに、入院時ではなくても出張や旅行、引越しでネットが使えない間だけなど、レンタルのポケットWIFIルーターはいろいろな使い方ができますよ。

 

入院中に利用できるおすすめポケットWi-Fi

Speed Wi-Fi NEXT W04


w04

Speed Wi-Fi NEXT W04はWiMAX回線を利用したポケットWi-Fiです。
下り最大400Mbpsの高速通信と、月間データ量無制限で利用できるのがポイント。
動画を見る方でも制限なしなのでガンガン使えます。

【メリット】
・通信速度が速い
・データ量無制限

【デメリット】
建物に弱い場合がある

Pocket WiFi 304HW


304

Pocket WiFi 304HWはソフトバンク回線を利用したポケットWi-Fiです。
SoftBank 4G回線はキャリアアグリゲーションに対応しており、つながりやすいのが特徴。
また、フルセグやワンセグでテレビの視聴も可能です。

【メリット】
・電波がつながりやすい
・テレビが見れる

【デメリット】
・速度がそれほど早くない
・月間データ使用量の制限あり

Pocket WiFi 601HW


601

Pocket WiFi 601HWはソフトバンク回線を利用したポケットWi-Fiです。
同じソフトバンクのPocket WiFi 304HWに比べて下り速度が速いのが特徴。
さらに、省電力設定にすれば最大連続待ち受け時間が850時間になり、外出先でもバッテリー切れの心配がありません。

【メリット】
・電波が強い
・通信速度が速い

【デメリット】
・月間データ使用量の制限あり

Mobile Wi-Fi E5383


e5383

Mobile Wi-Fi E5383はLTE Cat6に対応しており下り300Mbpsの高速通信が可能です。
3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、お出かけにぴったりのポケットWi-Fiです。

【メリット】
・電波がつながりやすい
・大容量バッテリー

【デメリット】
・月間データ使用量の制限あり